自然を歩く(14):聖地身延山を歩く.

2019年3月9日,久しぶりですが,W君のコーディネートで,Aさん,Mさんと四人で身延山に参詣しました.朝6時半に東雲小学校に集合し,8時頃に久遠寺に着きました.まだ殆ど人は居らず,清々しい気持ちで総門から250段ある急傾斜の菩提梯を上って本堂へ.そこでW君がお経をあげてくれました.それから身延山頂上を目指して登山開始.ロープウェイのおじさんが,2時間半が標準だよと言っていましたが,2時間くらいで着きましたので,良いペースだったと思います.参道は,適切な傾斜が50丁まで続き,登るのは決して楽ではありませんでしたが,非常に整備されていて,やはり修行の山だと思いました.

いつもコーディネートしてくれる同級生のW君は,日蓮宗の僧侶でもあり,彼の案内で,山頂の思親閣でお経もあげていただきました.私はクリスチャンですが,どの宗教であろうと真剣に人生や社会と格闘した人間の思想には自然と頭が下がります.手を合わせてお経を聞いている間,いろいろなことを考えましたし,最後は何となくすっきりした気持ちになれたのは宗教の力でしょう.日欧問わず,高僧の生涯には魅かれるものがあります.山頂からは,富士山が雄大な頭を出し,反対側からは白根三山や八ヶ岳まで見えました.見下ろす富士川も美しいです.静岡まで続く日本三急流の一つです.風は冷たかったですが,気持ちがよかったです.

それから山頂でお食事,私はゆば丼をいただきましたが,丁寧に作っている感じがして美味しかったです.時間がいささかタイトだったのと寒さもあってロープウェイで降りました.私は山下りが好きなので,次はロープウェイであがって,徒歩で降りてもいいなと思いました.最後は六郷の里つむぎの湯で疲れを落とし,4時半くらいに帰宅しました.同行してくれたW君,Aさん,Mさん,ありがとう.
画像
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック