テーマ:日々の雑感

ぶどう畑の葡萄作り(83):そろそろ出口を見つけたい.

2020年8月29日(土)朝8時のぶどう畑です.今年は,かなり病気にやられました.8月まで梅雨が伸びたせいですが,我が家に1本残った甲州葡萄などはほぼ壊滅,黒色系の葡萄もよくありません.シャインマスカットは健闘しています.昨日,勝沼園に行って,いろいろな葡萄を取り混ぜて大事な人たちに送ってもらおうと思ったのですが,ピオーネは明日でおし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(81):床が盛り上がった.

2020年6月27日(土)のぶどう畑です.この時期,梅雨で農作業は進みませんが,弦を落とし,球抜きをして形を整えます.最終的には甲州よりもシャインマスカットの方が房は大きくなるのですが,現段階では,甲州の房が大きいです.先日,農業を手伝ってもらっている方とシャインの房作りについて話したのですが,肩の方をだいぶ落としてあまり球を詰めすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(80):新たな出発,ペンテコステ

2020年5月30日のぶどう畑です.いわゆる芽かきは済んだので,草を取ったり,弦をつけたり,消毒をしたりというのが今の主な仕事です.ぶどうに花が咲き始めました.ぶどうの花などは知らない人の方がおおいです.果実として覇権を競っている桃や李やリンゴに比べて,花の美となると全く太刀打ちできません.ほんの可愛らしく出すだけです.それでも愛おしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(79):コロナで自粛の日々,腰痛も.

2020年04月29日朝のぶどう畑です.ぶどう畑では,芽が出始めました.庭では牡丹も綺麗に咲きました.先日,我が家では消毒をしましたが,今年は,残念ながら甲州種を大分切って,1本だけを残してあります.私は甲州やデラが最も好きなのですが,甲州種は人気がないし,デラはシャインマスカットと同じくらい手間がかかります.農業という産業は,今回の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(78):コロナの春

2020年03月29日朝のぶどう畑です.雪が降り出しました.今年の冬は非常に暖かく,雪らしい雪は1回だけでそれも大したことはありませんでした.ここにきて山沿いは大雪になるかもしれないとの予報です.うちのぶどう畑では,甲州種を1本だけ残して切りました.シャインマスカット人気は凄まじく,甲州種は一番勝沼らしい品種なのですが,勝沼でもどんどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(77):母の死

 2020年2月29日のぶどう畑です.明るく暖かい気持ちのいい日です.弦はまだ残っていますが,全く問題ありません.  母は正月明けの1月6日から風邪をひいたようなのですが,1月13日,母の具合が悪いとデイ・ケアから連絡があり,祭日でしたが救急車を呼んでもらって病院を探して貰いました.なかなか見つからず結局山梨厚生病院に運んでもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(76):新年明けましておめでとうございます.

新年明けましておめでとうございます.2020年1月10日ぶどう畑です.昨年のうちに剪定が済んで大分すっきりしています.ぶどう畑は休眠期と言えましょう.私がぶどう畑を継承した当時は,この畑は全て甲州種でしたが,葡萄酒用販売価格は驚くほど低く,勝沼ではどんどん甲州種が切られています.そのため,醸造用の甲州葡萄が足りないという事態が起こってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(75):台風と即位の礼.

2019年10月21日ぶどう畑です.ほぼ収穫も終わり,葉が枯れ始めました.我が家は,甲州種に加えて,数年前に植えたシャイン・マスカットも実り始めました.私は,デラが一番好きなのですが,手伝ってくれている方や,ベテランの方々は,儲けは少なく,手間はシャイン以上にかかるということで断念しました.昔はデラが主流で,出荷しない余り葡萄を使って,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(74):梅雨の盛り.

 2019年06日30日のぶどう畑です.梅雨の盛りで雨が降ったり止んだりでものすごい湿気です.雲が重く立ち込める毎日です.西日本は豪雨の被害も出ています.ぶどう畑は二か月で繁茂し,上から見ると緑の絨毯です.房も形が出来てきました.大粒系は9月初旬が旬ですが,今年はどの作物も遅いようです.今月初旬に鶴岡市に出張に行きましたが,さくらんぼも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(73):令和のはじまり.

2019年5月5日午後のぶどう畑です.5月1日に令和が始まりました.10連休を挟んで平成から令和へ.『リア王』論を1本執筆し,科研のまとめを書き,『サラメイアの市長』を読み,黒川鶏冠山に行きました.スポーツ・クラブへも二回行けました.やはり覚悟を決めてずっと家にいましたので,いろいろなことが出来て気分的にとても軽くなりました.天候は前半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を歩く(15):平成最後の登山~黒川鶏冠山.

2019年4月29日(月),いつものW君をリーダーに13人の大パーティで黒川鶏冠山に登りました.朝6時半に東雲小学校に集合,柳沢峠に駐車して登山開始.今回は楽かなと思いきや,最後はかなりの岩場でした.しかも,非常に寒かったのです.まだ雪が少し残っていましたが,今日も雪になるのではないかと思うくらい冷え込みました.いつもは山頂付近で昼食に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(72):そろそろ目覚め.

 2018年3月17日朝のぶどう畑です.まだ何も出てきませんが,枝は何となく桃色になってきたように思います.地面も少し湿り気をもって雑草もぼつぼつと生えてきました.自然の眼覚めはもうすぐです.今年は,もっときちんと自然に接しようと思います.先日は,栗の苗木(利平)と牡丹(島津紅)を買ってきて植えました.亡くなった母の実家は大きな造り酒屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を歩く(14):聖地身延山を歩く.

2019年3月9日,久しぶりですが,W君のコーディネートで,Aさん,Mさんと四人で身延山に参詣しました.朝6時半に東雲小学校に集合し,8時頃に久遠寺に着きました.まだ殆ど人は居らず,清々しい気持ちで総門から250段ある急傾斜の菩提梯を上って本堂へ.そこでW君がお経をあげてくれました.それから身延山頂上を目指して登山開始.ロープウェイのお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(71):あと三年.

2019年2月25日のぶどう畑です.剪定したぶどう弦がまだ重ねてありますが,徐々に燃やしていきます.今年は,今のところ,殆ど雪が積もることはありません.例年ですと,バレンタイン・デー付近に大雪があって棚が潰れないか気を揉むのです.それでも,例年ながら眠りの季節です.春は大好きなのですが,ちょっと目がしょしょぼして,この年にして花粉かなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(70):わたしはまことのぶどうの木.

2019年1月6日(日)朝のぶどう畑です.平成最後の元旦も終わり,明日で松の内もとれ,仕事モードに入ります.今年の正月は,明るい温かい穏やかな日々でした.昨年はスキーに行ったのですが,今年は適当に勉強をしたり,本を読んだり,IFTRの論文審査をしたりとゆったりと過ごせました.映画もけっこう観れましたし,スポーツジムや温泉や床屋にも行けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(69):ぶどう畑の紅葉.

2018年11月18日朝のぶどう畑です.紅葉もそろそろ終わりですが,葉に黄色と赤があるのは葡萄の種類です.赤い方は甲州種,黄色は巨峰,ピオーネなどの大粒系です.我が家の畑は当初,甲州ばかりだったのですが,シャインマスカットの大人気に押され,数年かけて大粒系にシフトしてきました.しかし,最初から甲州ばかりだったわけではなく,子供の頃はデラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(68):柔らかい秋の光.

2018年10月28日朝8時半頃のぶどう畑です.勝沼の葡萄シーズンはほぼ終わりました.ぶどう畑にはひと房の葡萄もなく,ほどなくして葉は完全に紅葉し,そして落ちていくでしょう.その後は剪定という手順になります.このニ三日で畑に肥料を撒きました.地面にご苦労さまといったところです.今年は猛暑のため,葡萄の収穫は1週間ほど早く,その分終わりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を歩く(13):信州峠から横尾山へ.

2018年10月8日(月・祭日),例によって同級生W君のコーディネートによって,横尾山に軽登山.今回は女性5人,男性3人のパーティです.6時に東雲小学校に集合,一路信州峠を目指しました.晴れの予報ではあったのですが,雲がかかって寒いくらいの気候,風景も楽しめませんでした.しかし,日差しは少なく,かと言って雨はなく,エクササイズには絶好の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を歩く(12):笠取山と水干再訪.

2018年9月17日,少年二人を含む11人のパーティで笠取山を目指しました.いつものように地元の小学校で教頭をしている中高時代の同級生W君のコーディネートです.ちょうど一年前に霧雨の中を登ったのですが,今日は快晴,暑いくらいの陽気でした.6時半に地元の小学校に集合して,8時15分に登り始め,2時15分に作場平口に戻り,それから大菩薩の湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(67):葡萄の季節.

2018年8月26日午後3時頃のぶどう畑です.ぶどう畑は緑の大海原のようです.葉が生茂り,葡萄もほぼ最盛期です.大粒系の葡萄も出始めました.うちの甲州種はまだ色が出てきません.今年の夏は,7月から酷暑が続きました.35度くらいは当たり前で,40度に迫る日もしばしば,「暑いじゃんね,言ってもしょうがねえけんど」というのが勝沼での会話の決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(66):梅雨のまにまに.

 2018年6月23日(土)朝のぶどう畑です.今は梅雨の真っ最中です.今日も朝からかなり湿った空気を含んだ曇り空です.今年の梅雨は,今のところあまり大雨もありませんが,どんよりとした曇り空でたまに雨が降るという毎日です.ぶどう畑は一気に繁茂して,上からみると緑の海のようです.この時期,品種によって作業が違いますが,基本は消毒と草取りです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(65):ここから始まる.

 2018年5月29日のぶどう畑です.房が育ってきました.まだ胎児という感じですが,これからどんどん成長して10月には美しい甲州ぶどうになります.ここからしばらくが農家にとって一番大事な時期になります.今朝も,朝の5時には隣家は仕事を始めていました.たぶん消毒だと思います.農業は朝が勝負なのです.今月の隣組の近隣清掃でも,同級生の無尽で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(64):バッカイ.

2018年4月15日朝のぶどう畑です。雨上がりです。新しい芽が吹いていきました。これから葉が出て弦が伸びぶどう畑は緑に覆われていくはずです。まさにこのタイミングでギリシャ悲劇『バッカイ』(エウリピデース)を再読しました。昨日、日本演劇学会分科会総会後の講演会で西村太良先生に『バッカイ』のお話しを伺い、それに刺激を受けたためです。今日は朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(63):皮をむく.

2018年3月25日のぶどう畑です。まだ芽は出ませんが、一月後には、葉も付いてくるはずです。今は、枝を棚にテープで固定したり、ぶどうの樹肌を剥ぐ作業をします。古い皮と樹木の間には虫が入り込んで眠りを貪っていることがあるのです。今週は雪も降るほど寒い日もありましたが、一転して今日は四月中旬並み、桜も満開に向けて咲きつつあります。昨日は、娘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淡江のほとり

2018年3月1日から4日まで、学生16人、同僚2人と共に、台湾の淡漢大学に行ってきました。台湾は4回目ですが、もっとも思い出深い旅となりました。 淡漢大学は、淡水信義線の終点、中心部から30分ほどの場所にあります。今回は、グローバル・リーダーシップ・セミナーで慶應義塾の紹介とグループ分けとプレゼンテーションが私の担当でした。若い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(62):大いなる眠り.

2018年2月27日午後のぶどう畑です。ごらんの通り何もありません。まだ芽も出ませんし、剪定は終わっていますからどこか閑散としています。でも死んではいません。これからに備えて冬眠中の畑です。いつも、この時期、「大いなる眠り」という言葉が浮かびます。我が家の歴史と共にこの畑はありましたが、こんこんとした眠りの中でどのような夢を見ているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキー:八方尾根で滑る

2018年2月8日、息子と二人で八方尾根にスキーに出かけました。研究上も学務上も、懸案が多すぎて、本当はとてもスキーなどしていられる状況ではないのですが、年初からの多忙で精神的な負荷が大きく、何時に寝ても朝3時から4時頃には目がさめてしまうので、体を動かす環境に自分を置きたいと思ってのことです。8日はとにかく纏められるものは纏めて、10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(61):新年あけましておめでとうございます.

平成30年、2018年明けましておめでとうございます。1月1日1時頃のぶどう畑です。 昨年のうちに剪定が終わり、切りそろえた葡萄弦が一列に並べてあります。これはいずれ焼却します。私が子供の頃は、薪でお風呂を焚いていましたので、葡萄弦は有効利用されていました。今では、畑で暖を取るために燃やしたり、一部アート作品に使われる以外は、無用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビショップ山田 新稽古場お披露目

2017年10月22日、衆議院議員選挙当日に加えて台風21号上陸の風雨の中、ビショップ山田さん新稽古場のお披露目にお邪魔しました。「上福沢舞踏 ソコミ」は田中基先生の命名です。甲斐市、昇仙峡の近くです。長谷川希誉子さんの協力の得ての再出発、かつて庄内、小樽を舞台に北方舞踏派を展開したビショップさんが、今度は私の故郷である山梨の上福沢に舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどう畑の葡萄作り(60):収穫までもう少し.

2017年8月9日のぶどう畑です。今年は、棚を支える支柱を30本ほど入れました。古い支柱が朽ちたり折れたりで、棚が下がったのです。こうしておけば台風も雪も安心です。棚がしっかりしていると安心感があります。今日は、38度にもなる酷暑ですが、こういう日はぶどう棚の下の方が気持ちがいいです。風は通りますし、葉の間から漏れる斑の木漏れ日が本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more